責任投資



ESG overview

責任投資は、2000年前後から、NNインベストメント・パートナーズのビジネスに不可欠なアプローチです。責任投資とは、環境や社会の持続可能性などの特定の問題解決だけにとどまらず、これらを金融の面から問題解決に取り組んでいこうという考え方です。


わたしたちはその考えを投資アプローチに反映し、積極的で責任ある投資家であるという姿勢を具現化しています。長期的な視点に立ち、顧客と社会に大きな利益をもたらすことに努めています。


ESG (環境、社会、ガバナンス)は、重要な無形価値創造のドライバーであり、企業と経営の質を評価する重要な要素です。わたしたちは、高いコーポレート・ガバナンス基準および高い企業責任基準を維持している企業は、年月と共に株主価値が増大する傾向にあると確信しています。


わたしたちの責任投資のアプローチは、「アクティブ・オーナシップ」、「ボトムアップの運用プロセスに統合されたESGインテグレーション」、「全社的な投資対象制限」、「サステナブル投資に特化したプロダクト」の4本の柱で成り立っています。


4つの柱の詳細はこちら



洞察とレポート

責任投資家として、投資分析ではESG要素を重視しています。ESGについて社会が対話し始めることを目指しています。この一環として、投資家、企業、学者など、さまざまな方面の意見交換を促すために、議論されている責任投資の問題点に着目し、わたしたちの立場を明確に示すレポート等を出しています。

ESGがリターンに与える影響についての論文を読む



コーポレート・ガバナンス

多くの企業はコーポレート・ガバナンスの向上に取り組んでいます。NNインベストメント・パートナーズは、コーポレート・ガバナンスに十分留意している企業は長期的により良い成果をあげると確信しています。わたしたちは、顧客に代わり、投資先企業にコーポレート・ガバナンスの向上を働きかける責任があります。


コーポレート・ガバナンスを向上させるために、議決権行使を有効に活用するのもひとつの方法です。株主総会で議決権を行使する際には、顧客の利益を最優先させます。ほかに、株主の立場から投資先企業と積極的な対話を行っています。



状況に応じたソリューション


NNインベストメント・パートナーズは、ESGに特化したファンドやマンデートを提供することで、優れた経済的リターンと平行して、拡大する社会や環境への配慮するプロダクトへの需要に応えています。ESGプロダクト全体の運用資産総額は、2017年末には87億ユーロまで拡大しました。

SRI (社会的責任投資) ソリューションに関する詳細は、以下を選択してください。.



署名と支援活動


国際的なイニシアチブを支持し積極的に関与することで、 NNインベストメント・パートナーズは、責任投資に対する姿勢とその熱意を明確に示しています。
例:



社会におけるNN


NNグループは、多くの国々、産業、企業にとって重要な投資家のひとりです。その責任を真摯に受け止めています。

ESG(環境、社会、ガバナンス)要素を運用プロセスに統合することで実現しています。 投資に対する責任あるアプローチを遂行することで、保険契約者やその他の顧客に対する責務を果たしています。