利益相反管理方針

NNグループは、世界各国にて資産運用業務、保険業務等を通じさまざまな金融関連サービスをお客様に提供しております。こうしたなか、NNインベストメント・パートナーズ株式会社(以下「当社」)内、あるいはNNグループ内において、競合・対立する複数の利益が存在し、利益相反またそのおそれが発生する場合があります。
本方針は、当社のお客様(当社が運用するファンド等を含む。)の利益が不当に害されることのないよう実施される利益相反の管理に係る事項に関しての方針です。当社は、本方針の定めに従い、適切な内部管理体制の整備ならびに適切な情報管理体制を構築いたします。

1. 利益相反取引等の管理対象の範囲等

本方針は、当社のお客様と当社または当社の親金融機関等(以下「関係会社」という。)との間の利益相反、当社のお客様間の利益相反、また当社のお客様と当社の役職員等(家族または近親者による取引を含む。)との間の利益相反等を対象とします。本方針において、利益相反取引等とは、利益相反のおそれのある取引を含みます。

2. 利益相反取引等の管理体制

コンプライアンス・リスク管理本部を利益相反管理統括部署とし、コンプライアンス・リスク管理本部長が利益相反管理統括責任者となり、当社における利益相反取引等の管理体制を統括します。

利益相反管理統括責任者は、当社におけるお客様の利益の保護を目的とする利益相反の管理全般につき、管理の適切性の確保に責任を持ち、管理の状況・要改善点等につき、コンプライアンス委員会、社長、取締役会、監査役に対し定期的に報告を行います。

また、各部の部長が利益相反管理責任者となり、各部の業務に関連して生じうる利益相反取引等の管理に責任を持ち、管理の状況・要改善点等につき、定期的に利益相反管理統括責任者への報告を行います。

3. 利益相反取引等の類型

利益相反管理統括責任者は、当社のお客様の利益が不当に害されることのないように、利益相反取引等を以下の4種類に類型化し、管理します。

  1. 法令、自主規制機関の規則等によって禁止あるいは制限される利益相反行為等
  2. 法令、自主規制機関の規則等に基づくお客様への情報開示・事前説明あるいはお客様のご了承により対処可能な利益相反行為等
  3. 受託者責任、忠実義務、善管注意義務から生じる利益相反行為等
  4. NNのビジネス・プリンシプルに反する取引等、あるいは信義則、倫理観、レピュテーション等の社会通念等に反する利益相反行為等

4. 利益相反取引等の特定方法

利益相反管理統括責任者は、利益相反取引等を特定するために、利益相反管理責任者より利益相反取引等についての報告を受けるとともに、定例のコンプライアンス委員会にて利益相反取引等の存否についての確認を行います。

また、利益相反管理統括責任者は、以下を通じて、利益相反取引等が発生していないかを検証します。

  • 社内情報隔壁の遵守状況の監視
  • 関係会社とのお客様情報の共有状況の監視
  • 関係会社が行う取引の当社のお客様の利益への影響の監視
  • 当社の自己勘定での有価証券取引等の監視
  • 運用資産相互間取引の監視
  • 新規設定ファンド、新規開設口座の設定条件等の監視
  • 役職員の株式等取引の承認申請・取引報告等の監視
  • 接待・贈答報告の監視
  • 役職員の兼職状況の監視
  • 社内通報制度(Whistleblower Procedures)による通報への対応

5. 利益相反取引等の管理方法

利益相反取引等については、個別の取引の内容等を検討し、それぞれの取引等につき、利益相反の解消または軽減を目的として、個別の取引毎に以下の対応を行い、利益相反を管理します。

  • 当社内での利益相反取引等の発生する可能性のある部門の分離
  • 当社内ならびに当社の関係会社との間の情報隔壁の設置
  • 利益相反取引等の内容の開示、あるいはお客様よりのご了承の受領
  • 取引の内容、方法、条件等の変更
  • 取引の中止
  • その他の利益相反の解消または軽減のために適切とされる措置